ビジネス戦略構築

この時代に、企業が事業やプロジェクトに求める結果は決して一つではありません。故に、多様で多面的な計画が求められます。それは、企業の要求の先にある結果は、市場の要求と必ずしも同じだとは限らない事が多いからです。例えば、企業に起こっている問題が、企業内の構造に問題があるとした場合に、作業効率だけで解決することもありがすが、企業風土や価格設定なども含めて構造改善をしないと指揮が下がったり、業務のしわ寄せなどが起こったりすることがあります。我々の考えは、お客様の事業やプロジェクトにおける本当の成果の形を多面的考査して、戦略構築を企業様と一緒に創り上げていきます。

business-banner.jpg

All the way to Plan Z

​ビジネス戦略の構築とは

1、企業の問題を探す

多くの企業には常に問題や課題が存在します。その問題や課題が実は具体的に認識されてないことも多くあります。そこで、ヒアリングを重ねながら具現化し、見える化することで本当の課題を探し出していきます。

さらに、課題が見える化できることで、お互いに共通認識の課題がを作ることこから始まります。

2、課題を具現化する

多くの企業には常に問題や課題が存在します。その問題や課題が実は具体的に認識されてないことも多くあります。そこで、ヒアリングを重ねながら具現化し、見える化することで本当の課題を探し出していきます。

さらに、課題が見える化できることで、お互いに共通認識の課題がを作ることこから始まります。

3、具体的な成果としてマイルストーン化する

実際に課題を具体的したときに、その課題をどうするか?だけではなく、成果として何を何を望むかだと考えいます。そのために、課題の解決はそのプロセスの一つであり、成果としてのゴールは別であることが多いからです。

Our Clients